www.ibdollclub.com

ローンについての返済方式は金融機関各個でだいぶギャップというものがあって、様々な方法が導入されています。類型的なところでは残高スライド法やリボ払い法などが取り入れられているようです。こういう誰でも聞いたことがあるリボ払いですが本当のことを言うと算定方式には様々な法といったものがあるのです。ゆえにそのよう方法により返済金額が異なってしまいますから、理解することで負担はないはずです。じゃあわかりやすくこの2つの方式のずれに関して解説していきましょう。一つ目は元金均等払いでもう一つは元利均等払いというものです。それぞれその名を冠する通り、元金に関して均一にして支払っていくというのと元本と利子を全部で均分に支払っていくという形式です。今回はもし10万円カードキャッシングしたと設定して実際上どのような算出をしていくのか試してみます。利回りを双方とも15%と仮定して試算します。更にまたリボルディング払に関しての金額を1万円というふうに計算します。差し当たって元金均等払いのほうからいきましょう。こうしたケースの初回の引き落しは1万円へ金利分の1250円を足した引き落とし金額となります。次の支払は1万円へ利子分の1125円を足した金額となるのです。かくて全10回にて引き落しを終えるという形式となります。一方、元利均等払いとは1度目の返済に関しては1万円で元金に8750円、利子へ1250円というようにして割り振ります。その次の支払いについては元本が8750円へと減少した状態にて利子を勘定し1万円を再度分配します。要するに元利均等払いの事例は10回で引き落しが終了しないといった勘定になってしまいます。これだけの差異で二方がどれほど異なってるのかということが十分ご理解頂けたことかと思います。元利均等とは元金均等と比べもと金が減少していくのが遅くなっているというような難というものが存在したりします。則ち利息というものをおおく返済すると言う状況になるのです。一方1回の支払が小さな額で済んでしまったという強みもあります。こういう支払方式などの差異によって、支払トータルというのが相異なってきますのでご自分の嗜好に合致した使用法をするようにしてみてください。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ibdollclub.com All Rights Reserved.