安心だと思い違いをして

多くの場合、クレジットカードのひと月の限度額があなたが日常使う以上に多めに決めいていると顧客は安心だと思い違いをして、必要以上にクレジットカードを利用してしまったりします。

そうしたカード乱用を制御するためクレジットカードの最大金額をできれば低レベルに申請しておこう・・・ということがこれから提案する文の主旨となります。

限度額を減らす方法◆月の限度額を減らしておくやり方は、限度額を上げるやり方と同じく、本当にスムーズです。

手元のカードの後ろに書かれているコールセンターにダイヤルして、「限度額を引き下げてほしい」等とオペレーターに向けて言うだけです。

普通ならば今の月の限度額に比べ少なければ、これといった調査なしでその場で申請ができます。

月ごとの限度額を増やさないならお金を守ることとも繋がっている□クレカの限度額の抑制は自己統制というような効果のみならず被害に遭わないようにすることにもなります。

万が一、カードが誰かの手に渡り乱用された場合でも、事前にクレジットカードの利用限度額を低めに決めておくようにすれば被害を最小限にすることができるからです。

強調しておきたいのは、もしクレジットカードが勝手に使用されるようなことになった問題が発生してもクレジットカードのユーザーに詐欺に加担するようなことがないなら、盗難保険として知られているものが使用者を保護してくれるから心配することではないけれど、もし被害に遭った時のことを考え、必要以上の利用限度額は下げるようにしておくと効果があるでしょう。

使い切らない限度額は百害あって一利なし・・・なんです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.ibdollclub.com All Rights Reserved.