いくら儲けるかである

外国為替証拠金取引の経験がない方が相場の要所を理解するにはまず初めに実戦を積む事が重要です。

とりわけ、直前に危機を避けれるようになるようになるには負けをすることも経験のひとつ。

無論、間違いをするといっても、立ち上がれなくなるほど大きな損をする事は論外です。

やり直せるぐらいの失敗を数回重ねる事が結果的に自分のレベルを上げてくれます。

これを考えると、最初は少額で売り買いをして幾度か取り返しが付く失敗をすることが大切です。

ひとつの例として、100万円しか投資できない方が、よく考えずに全て投資してエントリーすると、損した時元に戻せない恐れがある。

それよりは、たとえば資金の10%ずつ分割して取引してここで取引を重ねた方が、段々と失敗を回避する方策なども身についていくはずです。

わずかな額でトレードする事の良い点は、自分自身の経験を増やし、マイナスを避ける手法を学んでいく事にありますが、同時に、売買の回数を繰り返して、不確実性を小さくできるという利点もあります。

一例として、1回限りの注文で儲けられる確率が50%とします。

この条件では、等しい確率で負ける危険性もあるということになる。

勝率50%ということは半分半分の率でプラスになる事を言い表しています。

ですが、全財産を賭けて1度だけの仕掛けをするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

それではただ1度のギャンブルと同じです。

結局のところ、全財産をつぎ込んで1回しかエントリーしないと、これでは損する可能性が高くなります。

そのため、資金を1度に全部使うのではなくいくつかに分割して投資回数を重ねる事がリスク分散となる。

ただし少しずつに分割してもすべてに勝つ必要はありません。

はっきり言うと、勝つことが出来ないのが現実だ。

取引で重要なのは、勝率ではなく、いくら儲けるかである。

勝率が2分の1でも、3割でも儲かる時は儲かる。

5割以上負けても損益が小さければわずかな勝ちの儲けの大きさでうまく利益を上げられます。

そのために大切な事は損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

損したら直ちに損切り注文して、それとは逆に稼げる時には上手に利益を出す事が、外為取引初めての方がFX投資で勝利するための秘訣です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.ibdollclub.com All Rights Reserved.