するようなことはないはずです

ローンに関しての支払い内容は、ローン会社の方針に応じてだいぶへだたりがあって、いろんなやりようが選ばれてます。75-7-147

一般的なところでは残高スライド方法やリボルディング方法などが取り入れられているみたいです。75-4-147

そしてこんな誰もが知ってるリボルディングでも本当のことを言えば算出方式に多くの方法といったものがあるのです。75-14-147

それで其の種類によって返済トータルが変わってきてしまうのですから、理解することで損をするようなことはないはずです。75-10-147

わかりやすく両者の手法のずれに関して説明していきましょう。75-11-147

一つは元金均等払いというもので、次は元利均等払いです。75-13-147

これらはその名を冠する通り元金を均一に払っていくというのと元金と利子を一緒にして均分に返済していくという様式です。75-15-147

今回のケースではもし10万円借金したとして、実際問題としてどのような算定をするか試してみましょう。75-12-147

利率に関してはどちらも15%と設定して計算します。75-6-147

それとリボ払いなどの返済を1万円と設定して計算します。75-9-147

先ずは元金均等払いからいきましょう。

こんな場合のはじめの引き落しは1万円へ利子分の1250円を足した金額となります。

2回目の返済については1万円に対して利息分の1125円を加算した返済額になります。

かくて全部で10回で返済を完了させるという手法です。

他方で元利均等払いというのは1度目の引き落しは1万円で元本へ8750円利息に1250円というようにして割り振るのです。

次回の支払いは元金が8750円に減少した状態で利息を計算し1万円から更にまた割り振るのです。

別のことばで言えば、元利均等払いの場合は10回で支払が完了しないといった算出になったりします。

こればかりのへだたりで両方がどれくらい相異なっているのかということが十分にわかったことと思います。

元利均等は元金均等に比べて顕然ともと金が減少していくのが緩やかといったマイナス面があるのです。

別のことばで言えば利子というものを多く払うという状態になるわけです。

一方、初回の支払いが少額で落ち着くという利点も存在するのです。

このような引き落し方式に関する相違に連動して、支払い額が違ってきますので自分の計画に合致する方針を取るようにしていきましょう。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ibdollclub.com All Rights Reserved.